【高松市】淋しい…。築97年の古民家で長年愛されてきたうどん屋さん「宮武うどん」が閉店することになったそうです。長い歴史に終止符が打たれます。

ことでん仏生山駅から、駅前通りを東へ歩いてすぐのところにある、昔懐かしい雰囲気のうどん店「宮武うどん」

長年地元の住民から愛され続けたうどん店で、熟練の職人さんによる打ち立て麺が本当に美味しい名店です。

そんな同店が、2024年6月下旬をもって、長い歴史に終止符を打ち、閉店となるそうです…。

店主のお話では、「ここは昭和2年に建てられ、築97年になる古民家でした。もう老朽化してしまったから…」とのこと。

中の様子も、半世紀ほど変わっていません。

讃岐うどんらしい、セルフ式のおうどん屋さんでした。

出汁の材料が無くなり次第、6月26、27、28日の間で閉店を考えていらっしゃるそうです。
こちらのニュースは既にネットでも話題になっています。

店内の写真を色々と撮らせて頂きました。

長い間、近隣で愛されつづけてきた宮武うどん店がなくなるのは、ファンとして本当に淋しいです。
お話ししやすかった店主さんに、「出来れば最後に、もう一度お邪魔します」とお声がけし、店を後にしました。

「宮武うどん」の地図はこちら↓↓↓

2024/06/19 06:09 2024/06/21 00:52
歌子

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集